Entries

予報にイワされました

2/5  火曜日

何時もの時間に 何時もの所へ 出発
予報では 北東3mで 午後から7m 何時も調子にのり夕方まで竿出す自分には丁度良い

昼12時頃上げ一杯もあり 午後からの見込み薄。

現地着 7時頃
前日に キザクラ動画見てて なんか黒斬が使いたくなりロッドケースに入れるも虚しく
現場で北東は当れど風速が・・・ 強い

3mどころで無い・・・
あっちゃ~
クソ予報がぁ~~~








130205_0717~01






竿をマスターモデルに変更し  画像では解り難いですが  そんな状態です。

当然 昨日の雨の影響で上流がらの放水が激しく
本日長潮の為 底もそんなに動きません

放水と底の動きは想定内でしたが 風が強過ぎる
上層が人の早歩き位に滑る・・・

予報を信じ 風がオサマルのを期待し打ち返すが・・・辛い
途中 釣り座をプチ移動し 獲れても1枚を目指すも虚しく  チ~~~ン!

なかちんさんコメ有難うございます!
皆様 グレ好調で羨ましい限りです!








               釣り考


私は 何時も水平ウキで 半誘導の沈め釣りを行っています。

キザクラの商標登録 全層沈め釣りの場合
 
ほぼ底付近 又 這わせるほど底付近(這わせの定義が定かでないが 永易流理論の刺餌が静止状態)が
ポイントのチヌ釣りで

上層から沈めて無駄な作業を省くのが最大の理由です。

無駄な作業とは  ちょっとしたテンション(G8程度)で
入って行くと思ってた 仕掛けが 水平移動してたり 浮き上がろうとしてたりをイメージするのが
ダルイからです。

目的のタナまで出来るだけ早く落とし 沈めて 目視で G8程度の馴染みが 又オキアミの有無が確認
出来るほうが有利と考えれるからです。

実際 沈めて行くウキを目視で確認して・・・足らずG7かと思うも・・・
ブレル場合が多々有るのに・・・

沈めて行くウキが目視出来るのは 釣り座にもよりますが 半ヒロ~1ヒロ
それだけ探れば 充分でしょ?


水平ウキを使うのは 通常の釣り場なら さほど感じませんが 横滑りが激しい流や風の時
仕掛けの落ち方が すこぶる速い 上層の速い滑り流を利用して 仕掛けが速く落とせる。


此れは多分 私の脳の中でのイメージ発言ですが・・・

「仕掛けが馴染む」では無く  「仕掛けを落とす」です!


ウキを沈めるまで(目的のタナまで)は無視ですから

出来るだけ速く 馴染ませるで無く 落とすです!

それで その日の仕掛けにもヨリますが 

針とオキアミの自重で 又 ハリスに打ったガン玉で 又は落とし錘

ウキが自分の理想どうり沈んでからが 「馴染む」です!



前年にkonさん  ごく最近にnaoさんに

私の脳の馴染むは 此れなんで・・・   その時は落ちる 又は落ち方なんです!(今思い出したので記述しました)













130205_1531~01











お気に入りと云うより 此れが最強と考えているからです。

ご覧の通り 0シブに 0~Bの間の商品が製作販売されておりません

困るのは 塩分濃度です。

紀ノ川の場合 0ウキを使用してても 00に変化する事が多々有ります

一日中0ウキが 0のままの日も有れば 時間差攻撃で00に変化する時も・・・

確か?神戸辺りでも こういう現象が有るとチラホラ聞きます・・・

多分データを取れば読めるんですが ここの場合 前日の奈良辺りで降った雨や
雪解け水は読めませんので ちとヤッカイ。


途中で仕掛けを変更するのが面倒なんで 初めにBウキにG1を打ち 後ジンタンで調整して
決めるのですが

落とし錘的G1で 仕掛けが折れるのが気に成り 


例えば Bの水平ウキにコイツを貼り付け








130205_1532~01





ちょっと本来の使用方法と違う使い方。



有る程度 チヌの個体数が多い時や
活性が高い時なんぞは 仕掛けの折れ とか関係なく

逆に縦の考えの方が強い様な・・・

ただ 通常時は 半誘導の沈めが 最強と・・・




130205_1556~01






2010年  3月発売の  記事で  仕掛け投入時 カーブフォール・フリーフォール

刺餌先行の矛盾まで 書きたかったんですけど・・・・




ダルなってきた~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




これは あくまでも 釣り歴8年の 新参者の 今現時点での

全く まとまらない 浅はかな 考えですので

賢者の方の ご意見お待ち申し上げます!








SEE   YOU
スポンサーサイト

*Comment

w( ̄▽ ̄;)wワオッ!! 

なんか難しい・・・僕には理解できない内容です

僕も、全層釣法やってます。

雨で休みになると、YouTobeで勉強中です。

キザクラフィールドテスターの柴原啓二さんの講習をYouTobeで受けました。

ホームで全層・・・磯での全層は、ぜんぜん比べもんにならないくらい綺麗に仕掛けが入っていきます。

マジっ・・・初めて磯に行った時、びっくりしました。『仕掛けが馴染む』から『仕掛けを落とす』

今の時期・・・グレちゃんは、上なのか?下なのか?

水温で左右されるグレちゃん・・・全層釣法でやってます。

ホームでのエビ撒きは、全層ほったらかし置き竿釣法ですけどね ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

紀ノ川での全層は、僕には、難しすぎます。

塩分濃度に、二枚潮で・・・難しいです。


切妻さんのおかげで勉強になります。 お疲れ様でした
  • posted by なかちん 
  • URL 
  • 2013.02/05 19:50分 
  • [編集]

No title 

なかちんさん  いつもコメありがとさんです!

いやぁ~~~~ なんか ややこしい事 書きまして申し訳ないです~~~
今、現時点の自分のレベルで思ってる事を
自分のブログなんで講釈タレさせて 頂きました

つぅ~~~か まだまだ書きたらない事柄が たくさんありまして~~~ だいぶんキテルでしょ?

けどね! 此れが釣りの醍醐味と云うか 自分的にですが・・・
ややこしい事考えながらチヌを狙うのが 好きなんです!

後2~3年後に自分の書いた事 読み返した時には きっとハズいでしょう!  レベルが低すぎて・・・

私の楽しみ方はコレなんで 優しく見守って下さい(笑)
  • posted by 切妻 
  • URL 
  • 2013.02/06 19:57分 
  • [編集]

No title 

いやいや~~~~凄いですよ 

僕には、書けませんよ。釣り(チヌ)への情熱が熱いですよ。

貝塚爆釣会のブログには・・・もし僕が書いたら・・・ビックリするでしょうね

って言うか書けませんけど 

こちらこそすいません。おちゃらけブログいつも見てくださって・・・

釣りは、真剣にしてるけど・・・釣果が付いて来ない

一度、切妻さんとご一緒に釣りさせてください。

マジで、今まで一緒にやったことないでな・・・

僕、頑張ります。 誰でも紀ノ川で釣れるようになったら教えてください

  • posted by なかちん 
  • URL 
  • 2013.02/06 20:11分 
  • [編集]

 

切妻さん

馴染みの件、心得ました。

沈め釣りって、奥が深そうで面白そうですね。

やり始めたら、嵌まりそうですね。


私は棒浮子が好みなので、縦の釣り考がメインになってしまいがちです。

しかし、若干の横の釣りも頭にあります。

若干と言うのは棒浮子での表現限界を意味しています。


私の縦とは、

1.浮力調整した位置までの浮子の馴染み、

2.残存浮力が残るトップの馴染み

此処までの "馴染み" とは 浮子と刺し餌のついた仕掛けが潮と同調して行く工程を意味します


1.の馴染みスピードで 仕掛けの状態を
動きの変化で魚の刺し餌の追い方などを・・・

2.の馴染みで刺し餌の状態・底の変化などを・・・


理想の馴染みに調整できた時に

私の表現する

"ひった食って行くような"

"アタリ" として現れると思ってるんですよ。


私のスキルでは、完全な這わせでは、50㎝ 程度

這わせていると思い込んでいる長さで150㎝ 程度が

アタリを表現させる限界でしょうか。


など、など 、一杯、一杯 考えてしまう


こんな事を考えてしまう事も釣師の釣行前の 楽しみ、楽しみ・・ですな

  • posted by nao 
  • URL 
  • 2013.02/06 21:05分 
  • [編集]

No title 

なかちんさん    ご存じの様に 私ひとり釣行が多い中

なかちんさんとは 結構遭遇してますよ~~

今度 爆釣会主催の プチ大会でも有れば  naoさんも 喜んで 参加して頂けると
おもいます!


関西釣友会 対  爆釣会   極寒の紀ノ川  流しそうめん&カキ氷早食い大会で

楽しむチヌ釣り なんて  いかがですか?
  • posted by 切妻 
  • URL 
  • 2013.02/08 20:03分 
  • [編集]

No title 

naoさん   私の屁理屈に付き合って頂きまして  有難うございます!

解って頂けると思いますが 時間があれば当然このような事ばかり考えてます。

釣行時の行く道中でも組み立て考えるのが楽しくて・・・

結末・・・勝手が解る 何時もの釣り方になるのですが・・・

これが上達への妨げでしょう

思い切って 攻め方変える場合は 本日諦めた時位なんで 当然結果も良くなく
それを理由に 次回は 又 何時もの パターンへ戻る


しかし   釣り用語には あいまいな点が多く
ひねくれ者の私からすれば  そら~~~ちゃうやろ~~~が多く

又、これも 楽しい

次回 日曜釣行ですが 子守フカセに成ってしまいました  では!
  • posted by 切妻 
  • URL 
  • 2013.02/08 20:21分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

プロフィール

きりづま

Author:きりづま
1968生まれ。
先祖代々泉州、
好きなもの、妻・だんぢり・ちぬ釣り

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR