旬の紀ノ川を斬る

昨日、2016年2月22日 月曜日
午前4時起床

目的地 和歌山県紀ノ川に向かう

ちょっと河豚が煩いが 河口方面のバラ石に向かえば 大型もしくは数が期待できるが
取り込みにくいのが難点

誰もが魚が掛かれば竿をブン曲げたいが その辺りは少々コツが必要で
ブン曲げには程遠い。。

チヌは自分が釣られている事には勿論きずきにくいお馬鹿なんで
ゆっくり ゆっくり 遊動すれば 犬の散歩の様に付いてくる時が多い

初めから 怒らせて シャクリアゲルト サヨナラグッパイの可能性がアップするので
ストラクチャー周りは ストレスの釣りにもなる

何の障害物も無く お気に入りの チヌ竿を満月で味わいたいのが当然だ

満月を味わいたくて 紀ノ川の垂直ケーソンに向かう


紀ノ川の釣りは 流れとの戦いでも有る
通常 上げ狙いが必須だが そうでは無いのが 紀ノ川マジック

場所により タイドグラフ上 大きく下げてても 力強く上る潮が訪れるところが点在するのも紀ノ川の神秘












xt.jpg










月夜周りの大潮で下げても飛びニクイ場所で 午前7時半開始
問題は 数日前よりの雨の上流からの大量放流と流木などの浮遊物くらい

だいたいチヌ釣りにはオカルトが多い。。。

フカセ釣りは泥水色嫌うが 落とし込みでは最高の濁り
0のウキが00に成り Bのウキが0に成る位で さほど釣果に影響がないと思う 
人間の心理的な部分が多いと思う

データで国の機関が表示してクレル 海水の濁り度も 通常2ヒロ底では通常の透明度が多く
第一私は
過去に 数日も続く 雨の紀ノ川 多分底まで真水?の様な状態でも 釣りしたい病に取りつかれ
ドシャ降り泥水でも チヌの顔を拝めました 勿論通常のフカセ仕様で。。


撒き餌にも疑問が有る 勿論私測だが

通常、、ものの本 メディアやチヌ関連等々・・・

釣り場に着けば 撒き餌を多めに打ち ポイント作りが優先順位とか??

数日前にも見た初めての動画でも 初めに撒いておけば第一投目から釣れる時も有る等有りましたが・・・
一発目きても 後がつづくのか?

目的は一発目や 数発目に釣る事では 当然無いと思う・・
アワヨクバ 10枚 イヤ15枚 モットの20枚以上と思う・・・・

自然相手の チヌ釣りに
時間軸で 風に潮流潮位 光り加減 周りの状況等々 変化するのに

初めに打った 撒き餌の投点とブレに変化が有って当然 
だいたいが
そういう進めの撒き餌には 底に溜まるご馳走ブレンドが多く 海中撒き餌だらけで。。。(笑)

チヌから見れば  針に刺さってる差し餌  見つけて 食べる方が 極めて珍事と思う(>_<)




そうそう 思い出した

チヌとのやり取りの最中に。。。
チヌが散るからと。。。

チヌとやり取りしながら撒き餌を打つ・・・・   勿論 私もやった事 何度も何度も有ります
上記とダブり   底がそこらじゅう  撒き餌のカーペットに成るだけで

チヌが着いてくても 針に刺した 刺餌 探せゲームと 思うのですが。。。。




大海原で一枚のチヌを掛けて 周りのチヌが 散るのなら

落とし込みで 全く同じ所に 落として4連続ヒットするとかは 神なのでしょうか?
皆、、普通にやってますが。。。
撒き餌も無いのに なぜ? 散らないのでしょうか?

なんせチヌ釣りには迷信が多い様に思う 静かに釣れとか(^^)

偶々 私は団子、落とし込み、フカセ、全てにおいて、、、なんちゃって程の技量ですが
楽しんまさせて 頂いてるので 普通に疑問の事柄です

団子の常識は フカセの非常識 フカセの常識は落とし込みの非常識 かな? ターゲット同じなのに(^_^;)


まぁ 私の様に  

例えば がまかつ ダイワ シマノ とかとかの

メジャーなチヌの大会で 功績を残した事でもあるのなら 真剣に聞いて頂いて良いのですが・・・
何分、、そうで無いので、、、

お聞き流しを。。。

実績も無いのに 講釈バカリの 人いてるでしょ(笑)   それです! 俺も!

前半長くなり<(_ _)>
何時もの私の癖で 書き込むのが面倒に成って来た
伝えたい事は 沢山あるが













b_201602232220353f9.jpg
x.jpg









3掛け 2針ハズレ

チヌR3号アロン使用のち 層ちぬ3号に変も 貴重なチヌのがす

私の様な 講釈師にはぴったりです!


旬の紀ノ川に斬られた   




SEE   YOU 
スポンサーサイト
     

コメント

Secret

     
プロフィール

きりづま

Author:きりづま
1968生まれ。
先祖代々泉州、
好きなもの、妻・だんぢり・ちぬ釣り

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR