俺の2016年は終わった

12月4日 日曜日

自宅の玄関を出て、信号を左折し次の信号を右折したら 早朝なら7分で 岸和田渡船に着く。
指定の場所に車を停め行き 受付を済ませると 私が最終で、8番札を頂く。

沖の一文字は落とし込みやフカセで数回釣行は有るが
手前の旧一文字は殆ど解らない

下見の時に感じたのは内向きはオキアミ返却で、外向きはオキアミ瞬殺
内向きは竿下3ヒロ半 竿2本先から5ヒロ半~落ち込んで  外向きは竿下以外 3ヒロ半のフラットが続くイメージが有る。

足元の居着きも居るだろうが時期も時期だし
大きな潮に乗って回遊の個体狙いが妥当では無いだろうか?

初めっから、内向きに釣り座を構えようと思っていたので
逆光用の秀玄自立Bで開始 5B+G1でシブシブに成るので 要は5Bのウキである。

私の場合、海面までの高低差が低い時や逆光時は立ちウキ
高い時は半遊動の沈めとパターン化している

決められた釣り座周りのみ 水深が結構ある様だ
偶然、左隣は、中野さん
そのお隣は、谷脇さん
2つ右隣は、がまかつの家島予選で同船だった方

いわいる、私が無知なだけで、お名前を存じ上げないが
チヌフカセ釣りと云うジャンルでは、良くみえられる 顔ぶれの方ばかり大勢だ。

池だ。池状態だが 時折動く時が訪れるので その瞬間を物に出来るかどうかだ。

上げで動かないので、下げて好転を期待するも
悪いパターンだ。

どの場所でも訪れる此のパターン
朝一はオキアミがまだ温かかったが
まだまだこの時期なのに 冷たい時が訪れる

少し上げた方が良いのだろうが?
上げる勇気が無いし 様子伺いで終わる

このパターンが自分の苦手な所
底に冷たいのが 時折回って来たと想像される時のイメージが 何時も解らない?

推測するに
上記の逆パターンが訪れる時が 竿がパンパン曲がる大阪湾で好調なパターンと思う。

完全にボーズ食らいました。

今日は悔しい。

この状態でも チヌを揚げる方が居られるので    尚  悔しい。。




ew_20161204214941059.jpg
uy_201612042150476e2.jpg
oi_20161204215219007.jpg







餌代も渡船代も要らなくて  お米景品で貰えるから  良いじゃんと 妻は言うが・・・

そういう問題では無い

いつでも何処でも どんな時にでも 良い釣りが出来る人に 私は成りたい     


SEE   YOU


スポンサーサイト
     
プロフィール

きりづま

Author:きりづま
1968生まれ。
先祖代々泉州、
好きなもの、妻・だんぢり・ちぬ釣り

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR