朝の練習に行って来た

私が釣りにのめり込んだのは紀州釣りなので
当然、2月の手がかじかむ時でも爆撃してた

私の様なお馬鹿は大阪泉佐野ではポツポツいてた
当然釣果が無いので

泉佐野見出川尻でエビ撒きをした
結構通った まるは釣具に

夕方日が沈むころ 結構魚信が楽しめたが 愛想が無い。。私的に。。
好きな方には大変申し訳ないが
単調な釣りに感じられた。。私的に。。

泉佐野のフジ製油裏で夏場に小型団子が良く釣れ
人出も少ないので
意味も解らず 買った500円の3Bの円錐ウキに
チヌパワームギでやってみた

2回・3回・5回通っても 当然シグナルは無い

どうせ団子を投げても駄目だし
エビを撒いても愛想が無いので通った  夢があった  今日こそはという

ただ
仕掛けが底まで届いて居ない様に思った

安物の径の細い円錐に 紀州釣りで使っていた2~2・5の道糸が邪魔をしていた。
其れだけではないが・・・

団子と云う巨大なアンカーが強制的 底まで届けてくれるので
底まで馴染ます 造語言葉のウキフカセ釣りにどっぷりハマった 難しいからオモシロイ

撒き餌もあらゆるもの全て使った ブレンドした ニンニク入れたり上白糖入れたりカレーを入れたり
頭の中はフカセダラケだ

紙に海中断面図を書き込み 考えた
スーパー銭湯に行って 湯の中見ながらイメージした
自宅の風呂を使い考えた
PCを叩いて出る物は全て見た   夢があった  次こそはという

当時、円錐をアキラメタ
使いこなせないので 棒ウキ一本の組み立てで考え それで通した

ある年の2月
市販の棒ウキに 糸錘で浮力を殺し (G1~G3の余浮力)位だったが
刺餌を離す・・・食い込まない・・・
以前よりウスウス感じてたが 棒ウキの限界を自分測で感じた

キザクラ レッツとの出会いで 自分測の壁を越えれたように思った
0のレッツにG5×2~3
紀ノ川のような汽水域なら BのレッツにG1~G2+G5を使った半誘導の沈めさぐりが最強に思えた

少し思う事が有り
ここ最近は 又、棒ウキに戻る 
それも5B以上の物が望ましい

キザクラの特許言葉は全層  釣研なら前遊動かな   スルスル

全層で浮かせて 半遊動的に流すのに糸口が無い物だろうか・・・
径の細さに重目を組み合わせて糸口がないものだろうか・・・








image1_20170214152107443.jpg



2月の寒空に 雨の 朝練は 堪える

午前11時納竿




image2_201702141522291fc.jpg







本日の釣果3枚   本年累計枚数 21枚目    SEE  YOU
スポンサーサイト
     
プロフィール

きりづま

Author:きりづま
1968生まれ。
先祖代々泉州、
好きなもの、妻・だんぢり・ちぬ釣り

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR